FC2ブログ

快適AV(072)ライフ

快適なオナニーライフを目指した日々の試行錯誤

「星飛雄馬」から菓子160人分

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
私、元公務員のポストマンと申します。
以後よろしくお願いいたします。



本日、クリスマスイブということで先日あった心温まるニュースをご紹介しましょう。


以前、タイガーマスクを名乗り子供たちにランドセルをプレゼントした方がおりましたが、
今回は「星飛雄馬」名でお菓子をプレゼントした方が現れたようです!

▼以下、ニュース記事転載
寄付:「星飛雄馬」名で菓子160人分置く 岡崎市役所/愛知
12月20日(火)12時11分配信
岡崎市役所通用口に19日、クリスマス用の菓子詰め合わせ160人分を入れた段ボール箱2箱が
置かれているのを市職員が見つけた。
箱には贈り主として、1960〜70年代のヒーロー漫画「巨人の星」の主人公をまね、
「長屋の星飛雄馬」と書かれていた。
市は市内の児童福祉施設2カ所に贈る。この人物からとみられる贈り物は1、3、7月にもあった。


なんていい話なんでしょう!
なんかほっこりするステキなエピソードですよね!


しかしなぜ「星飛雄馬」だったのでしょうか?
…私は考えました。


きっとこの方は、あの、出来事を知っているからだろう…と。
人の心とはなんぞや?ということを考えさせられたあの出来事を…。






そう、伝説の「一人ぼっちのクリスマス」事件を!



それでは星君の伝説の出来事を見ていただきたいと思います。




世間はクリスマスを1週間後に控え、賑わっている。
星と伴はそんな賑わう街中にいた。
01
サンタの看板を見ていた星君がおもむろに…
「そうだっ!おい伴、クリスマスって24日、25日どっちだったっけ?」
さぁ、星君の破滅へのカウントダウンがスタートです。
02
星「クリスマスだよ!ほら!ケーキ飾ってあの、ドンチャン騒ぎやるやつさ!」
伴「あぁ…イブのことか?そりゃ24日の夜に決まってるだろう」

突然、意味不明な質問をされ、呆然とする伴。
やることが出来たからと、浮かれながら足早に立ち去る星君。



伴「なんじゃい、アイツ!…まさか、アイツ…」なにかを悟る伴




クリスマスパーティ準備を始める星君
0304
0506
巨人宿舎の使われていない部屋を片付け始める星君
鼻歌混じりに掃除する姿が、「いい気」具合を表現している。

ここでスゴいのは、巨人宿舎の部屋を誰の許可ももらわず無断で使用していること。



次は「お飾り」を買いに街に出かける星君
「え〜と、あれと〜これも!」と大人買いしまくる、
元貧乏人星君
07
ケーキ屋で
星「あの、このケーキのもっと大きいのお願いします」
08
続いては、パーティの招待状を作成
全部星君の手作りカードなんですよ。(しかもこのパートは実写です)
ただ、普通の官製はがきなんですが…
ちなみに左門は川崎、花形は横浜だったんですね。
0910
そしてイブ当日、待望の超巨大ケーキが完成!(大きいにもほどがある!)
11
いろいろ大荷物なので、伴に手伝ってもらっている星。
伴「オマエ今日、クリスマスパーティをやるそうじゃのう」
星「あ、バレたか〜」(テヘッ)
12
「お前には黙ってて、ビックリさせてやろうと思ってたんだ」



ここからの星と伴の緊迫したやりとりが見どころ。



伴「花形や左門も来ると聞いたぞ」
 「なぁ、星!わしはなぁ、オマエが柄にもないクリスマスパーティをやろうと、
  花形や左門と仲良くしようとそんなことに口出ししとうない!
  しかし!しかしじゃ!給料倍増の要求をしてからのオマエは何か道を踏み外して
  いる気がするんじゃ!危ない道をなにか懸命に走っているようなな!
  なぁ星!オマエ以前の星に戻ってくれんか!
  巨人の星を目指しまっしぐらに突き進んでいった、あの姿!
  あの姿なくしてオマエの進む道がどこにあるんじゃ!
  勝負に立ち向かった時の相手を殺してしまいかねない、あの気迫はどこへいった!
  野球以外なにもいらん!野球ロボットとして生きると誓った星飛雄馬はどこへいったが〜!」

巨人の星名物、長台詞まわし!
すごく熱い事を言っているのだが、よく聞くとさらりと失礼な事も言っている…
13
星「黙れ!伴!」ついにキレる星君(顔を縦断している白いのは汗です)
14
伴「くっそ〜!なにがクリスマスじゃ〜い!チキショー!」
伴もキレる。そのまま走り去ってしまう…
15
さて、この後星君はどうなってしまうのでしょうか?






amazonで買う(白)

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する