FC2ブログ

快適AV(072)ライフ

快適なオナニーライフを目指した日々の試行錯誤

1泊2日のハイキング

「1泊2日のハイキング」

そんな言葉に騙されました。

富士山


昨日~今日にかけて、日本一ハードなハイキングに嫁に誘われて行って来ました。

画像では解り難いかもしれませんが今回のハイキングコースは富士山でした。

事前説明でははとバスを利用した、宿泊ハイキングとしか説明されておらず、荷物はある程度冬山装備を作るように言われていただけです。
はとバスツアーや他のツアーでも人気の吉田口から頂上を目指すルートです。

なんでも2番目にメジャーなルートとのことです。一番メジャーなルートは御殿場口からだそうで、ツアーよりも個人客に人気があるそうです。

ベースになる、五合目についた時点で、なんか気分が悪いんですが・・・orz

もう帰っていいですか?

即断で嫁に却下され、ガイドさんと添乗員さんの2名に案内されながら、トボトボと登っていきます。


途中、所々で足を止めては写真を撮り溜めていきます。

富士山


富士山


富士山


富士山


富士山


絶景な写真が撮れて、微妙に高山病になりかけている身体を酷使して登っていきます。

そんな中、8合目直前あたりで影富士が見えました。

富士山


この現象は毎回見れるものでは無いそうで、結構貴重なものらしいです。

そんなことを言われながら、いい気分でドンドン山頂を目指します。

富士山


富士山


本八合目にある山小屋に着いて仮眠を済ませると夜中0時30分出発でハードハイキング2日目が始まります。

遠くでは、山小屋前を通るルートには人が沢山登っており、人で渋滞が発生しています。

渋滞を脇目に下山ルートを逆行して登って行きます。こちらは、ツアー客しかいないので渋滞知らずです。

その分立ち止まることが殆ど無いんで、まともな休憩になるまでひたすら苦行の道です。

そして、深夜の登頂開始から約3時間で、頂上に到着しました。その時は雨?霧雨?みぞれ?とにかく寒いしメガネが曇って視界が殆ど無い状態でたどり着きました。

ガイドさん曰く、とりあえずの山頂に到着しました。大多数の方がここでOKとされているのですが、ここは一番の山頂ではありません。本当の頂上は剣ヶ峰です。

当然のようにこれで終わらせてはくれませんでした。

そのまま流れるようにお鉢巡りをするとのこと、剣ヶ峰(一番高いところ)までいって、ご来光を仰いで帰るオプションを選択いたしました。恐るべし体力バカ嫁www

当然のように付き合わされております。。。orz

その結果がこちら。

富士山


相変わらず、何も見えませんでした。

空は白けてくるけど、日差しは現れず、雨風雪が激しく吹き荒れてました。

夜明け後15分ほど待ちましたが状況も変わらないので、諦めて帰って来ました。
少し下に降りると、先ほどの雨風が嘘のようになくなり、晴れ間を一部覗かせます。。。

富士山


富士山


富士山


7合目まで下ってくると綺麗な青空が見えてました。

富士山


富士山って上りは2日かけて10時間近く掛けて登るのですが、下りは5時間くらいで一気に下ってきます。
意味は全く違いますが、諺の通りゃんせの一節「行きわ良い良い、帰りは怖い」を思い出させてくれます。
上りの期待を持った荒行・帰るだけだが、上りと同距離を歩かなければならない下りの苦行って気持ち。
帰りさえ無ければ楽しいハイキングだったんですが、帰りでハードなハイキングとなってしまいました。

まぁ、自分へのおみやげを買えたんで良しとしますか!

富士山ロングバウムクーヘン


9月までは登山できるらしいので、暇があれば行ってみて下さい。


amazonで買う(白)



amazonで買う(白)

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する