FC2ブログ

快適AV(072)ライフ

快適なオナニーライフを目指した日々の試行錯誤

リクエストアワーセットリストベスト100 2012 1日目

さあ、今年も始まりました。AKB48リクエストアワーセットリストベスト100 2012。
今年は派生ユニットの楽曲は対象外とのことですが、
それでも421曲もの選考対象曲があり、
総投票数もなんと451984票にもなったとのことです。
前置きはさておき、それではさっそく順位発表です。

順位(2011/2010/2009/2008)
タイトル(公演)/出演メンバー

の表記でいきます。





100位(51/---/---/---)
シアターの女神(B5th)/チームB
シアターの女神

実際問題、劇場公演では柏木、渡辺の両エースを欠くことが非常に多く、
女神不在のシアターの女神となることが多いです。





99位(---/-33/--6/---)
パジャマドライブ(B3rd)/渡辺麻・仲川・平嶋
ぱじゃま

Eの効果だと思うのですが、
なぜかオリジナルです。





98位(---/-59/---/---)
抱きしめられたら(K5th)/河西・倉持・佐藤夏
抱きしめられたら

AKB紅白での山本彩・山田菜・渡辺美による好演が記憶に新しいこの曲。
オリジナルのエロさはNMBのそれをはるかに上回ります。





97位(-86/-42/-68/--5)
Dear my teacher(A1st)/チームA
ディアマイ

初期の楽曲ながら、息の長い人気を誇る曲。





96位(-19/---/---/---)
あなたがいてくれたから(SET LIST ~グレイテストソングス 完全盤~)
あなたがいてくれたから

えれぴょん卒業発表時に流れた名曲。





95位(-97/-44/---/---)
AKB参上!(A5th)/チームA
AKB参上!





94位(-79/-94/-93/-71)
ヒグラシノコイ(H1st)/高橋み・増田
ひぐらし

葛西で行われた秋祭りで、歌詞を忘れた小森が「ふんふん」言ってたのが懐かしいです。





93位(---/---/---/---)
ワッショイE!(E1st)チームE
わっしょいE

E!はなんかまだ違和感ありますね。





92位(---/---/---/---)
High school days(ここにいたこと)/チーム4・研究生
はいすくーるでいず

最近のシングル曲がどこかに置き忘れてきた、
さわやかさが際立つ一曲。





91位(-47/-22/---/---)
片思いの対角線(B4th)/小森・仁藤・米沢
対角線

仁藤と萌乃がセンターというなかなか見ごたえのある曲。





90位(-37/---/---/---)
制服レジスタンス(K6th)/板野・横山・中塚
レジスタンス

クリスは驚くほど綺麗になりましたね。





89位(---/---/---/---)
To be continued(K5th)/チームK
tobecon.gif




88位(-85/-77/-59/---)
16人姉妹の歌(K4th)/小林香・佐藤夏・松原
16人





87位(-66/---/---/---)
Seventeen(SET LIST ~グレイテストソングス 完全盤~)
セブンティーン

NTRソング。嫌いじゃないです。





86位(-56/---/---/---)
泣ける場所(Beginner type-B)/DIVA
泣ける場所

世界の中心で愛を叫びたくなります。康の作詞家としてのセンスが光ります。





85位(---/---/---/---)
アイスの口づけ(フライングゲット type-B)/篠田・高橋み・前田敦・板野・大島優・渡辺麻・佐々木
あいすのみ

これ、毎回ハラハラします。がんばれ!ゆかるん。





84位(---/---/---/---)
引っ越しました(K6th)/チームK
ひっこしました

組閣。ですね。





83位(-16/-26/---/---)
FIRST LOVE(涙サプライズ!)/加藤玲奈
ファーストラブ

えれぴょん……。二年連続でえれぴょん無しとなると、彼女はもうAKBと関わる事はなさそうです。





82位(---/---/---/---)
イイカゲンのススメ(ここにいたこと)/片山・小嶋陽・篠田・秋元・宮澤・松井玲
いいかげん

イイカゲンな大人たちがセンターをつとめます。





81位(-28/---/---/---)
君について(Beginner type-A)/MINT
君について

まさかこんなに順位を落とすとは思いませんでした。





80位(-90/-52/-50/-23)
Blue rose(K2nd)/秋元・山内・増田・宮澤
ブルーローズ

めーたんいないんですね。でもらんらんをチョイスとは、なかなかおつなことします。





79位(-75/-37/-25/-31)
草原の奇跡(K3rd)/チームK
草原の奇跡





78位(-52/-54/-35/-15)
渚のCHERRY(A2nd)/前田敦・相笠・長谷川・村山
ちぇりちぇり

13期生登場。





77位(---/---/---/---)
Overtake(ここにいたこと)
ここにいたこと





76位(-92/---/---/---)
恋を語る詩人になれなくて(S3rd)/チームS
恋を語る詩人

まさかのランクアップ。毎年新曲が出てくる中、さらにAKBのリクエストアワーでランクを上げるのは、
至難の業だと思いますが、チームSのレベルの高いパフォーマンスが実を結びました。





・総括
例年通り、チームK強しですね。
派生ユニットが消えた分、推しメンを見れるチャンスが増えた人が多いんじゃないでしょうか。
いいことだと思います。

アルバム「ここにいたこと」からもいくつか入りましたね。
チームK曲の「僕にできること」が出ていないのが不気味です。
ここでもKは団結力の強さを見せてきそうです。

H1st、KⅡ3rdの曲は、全然でしたね。予想外です。
さすがにこの辺で落ち着くだろうと思っていましたが、
どうも上位に食い込んできそうです、特にKⅡ。
お待たせSet listの順位には、要注目ですね。
チーム4の方は、今回出番が少ない予感がしてきました。

そしてラストの76位。正直、詩人はかなり意外でした。
まさか順位を上げてくるとは。
だって、これ、SKEのリクエストアワー12位ですよ?
単純計算で、シングル曲、枯葉、狼、その他の超人気曲はかなり上位まで行ってしまうかもしれません。
栄勢もついに妹的存在から、本体に拮抗しうるライバルとしての力を持ってきたということなのでしょう。

しかし、何事も越えてはならないライン、不可侵の領域というものがあります。
もしそこに土足で入り込んでくるようなことがあれば、
それはもう、当然の如く「戦争」ということになります。
言い訳、ヘビロテ、フラゲには決して触れることのなきよう、お気をつけ願いたいと思います。



(サンダ)

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する